自動車重量税、別名重量税という税金は、国内メーカーの自動車でも輸入車という車の生産している国やハッチバック、1BOX車等車の形に全て同じで、たとえばニッサンやGM、等にも当たり前に納付が必要なものです。新車を登録する時または定期的にある車検の時に支払う必要がある税金です。この金額は愛車のウエートにより決められています。「自動車重量税」と「自動車税」では全然異なる概念ですから、きちんと学んで勘違いしないようにしなければなりません。「自動車重量税とはクルマの大きさ毎に」「自動車税という税金はクルマの排気量により」その額が違います。それにより売却する時の対応も変わりますので、注意しなければなりません。中古車を買い取ってもらうときには支払った自動車の税額がいくらあってもその税額が返還されることはないのですが、一方自動車税の時は既に納めた金額を査定額に乗せてくれるといったことがなくはないですが、重量税の時は上乗せになるということはあまりないといえます。重量税の場合は車の売却時に既に支払った額が残存しているからと言って車買取専門店の方でそのことが考慮される場合はほとんどないです。なので次回の支払い、分かりやすく言えば車検まで売るのを少し待ち買取っていただくということが無駄は少ないでしょう。中古車売却の時は考慮してもらえない重量税でも特定のケースだと返還されることもあるのです。というのは、車検の効力が残ったままの愛車を廃車にする場合です。要するに、廃車申請をした時に残っている車検期間に従って税金が返ってきます。しかし、車の売却の時はその中古車が廃車になるのとは異なり戻ってきません。それに、手放す自動車の名義を変更してしまった際や盗難にあった時なども還付を受けることはできません。自動車重量税が残っている期間があるクルマを売るというのは、要は車検が残っているクルマということです。そういったことを店側も計算に入れますから、重量税が残っていれば買取額が上乗せされるはずです。当然買取金額は店舗次第で異なりますが車検期間が残っている事実が忖度されれば自動車の査定額と比較するとそこまで損をするということもありません。