FX(外国為替証拠金取引)の投資においての的は各国各々の公式貨幣です。流通通貨において学んでみようと思っています。・通貨には「基軸通貨」という呼び方で称される公式通貨が存在します。基軸通貨とは、国際間の決済について金融商品の取引に関して中心的に利用される流通通貨のことであり今日ではアメリカドルを意味します。かつては英ポンドが基軸通貨でありましたがアメリカドルになりました。・FXにて流通している流通通貨の種類においては、他で言うところの外貨投資に比較してみた時すごく頻繁というのが特性なのです。FXの業者により扱っている貨幣の種類については、異なってますが通常では20種類位あるようです。その中でも変動が高い数値の流通通貨をメジャー通貨と言います。流動する性質が大きくなっているというのは売買が多く行われておるという事であり流通貨幣のビジネスがたやすいという事を意味します。広く支持された流通通貨には上の文にてお話した基軸通貨と呼ばれるアメリカ合衆国ドルに、日本の円、?(ユーロ)3つが存在しており世界三大通貨と称されています。スイスのフラン、カナダドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。メジャー通貨、準メジャー通貨以外の動きが少しの通貨に関してはマイナー通貨と称されてやや国の力や経済の力が乏しい国での公式貨幣で、南アフリカランドや人民元、ポーランドズロチ、メキシコペソなどが主とされている通貨についてはドレードしている程度が多いというのもあり、価格の起伏が堅調で、ニュースの量も多くいきかっているのだそうです。マイナー通貨に関しては、利息の面で高い額な通貨であるの多いので値の乱調が激しいそうです。値の変動がすごいいう事について、絶大な利益を受け取る絶好の機会があるのですが、チャンスがある分好ましくない結果の可能性も大きくて不安定です。その上動きが少ない流通貨幣という訳ですのでかたを付けしたい時により終了が不可能である状態になり得る事があるので気をつけましょう。どの種類の通貨をセレクトするのかという事は個別の公式通貨の特徴を念入りに研究してから実行する事は不可欠であるのではないかと感じます。