一般的に任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは別に、自賠責保険ではカバーできない補償をしてもらえるとても大事なより充実した保険です。これは任意保険の考え方は自賠責保険の上級保険という意味合いで働きますので自賠責保険でカバーできる支払い限度額を超えた際に役立ちます。それから自賠責保険の中では物に対する損害に対しては補償対象にならないので、それを補うのであればさらに任意保険にも加入するのがいいと思います。現段階で任意保険の保険料を支払っている車を手放す場合は、国産メーカーの車とかアメ車ということは例外なく残っているお金が戻ってきます。これは日本の車を処分するケースについても同様です。自動車損害賠償責任保険、通常入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合は全ての人がかけるものではありませんから、中途解約になります。そして任意保険をキャンセル後は既に 納付済みの残っているお金が返ってくるということになります。クルマの売買が決定したとしても即保険を解除するという選択肢は危険です。当然、すぐに契約解除してしまえばそれだけ戻ってくる額は多くなりますが、自動車専門店が遠方にあって、自分で運転していくということになった場合には任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。万が一のことを想定して絶対にもう自分で車の運転をしない状況になる時まで任意保険の契約の中途解約の手続きはされないようにしてください。クルマを手放してまたすぐに他の車両に乗り換えるケースであれば良いのですが、もしもずっと運転をしないような状態が続き保険に加入している必要がなくなってしまったらこのように任意保険未加入の期間が存在する場合以前に継続していた保険の等級が下がってしまい、任意保険の保険料が増えることがあります。このようなケースであれば「中断証明書」という書類を出してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」を使えば、最長10年は解約前の等級を引き継いで加入することができるのです。そして13ヶ月以内ならば発行することができますので、もしもう車を手放していて「中断証明書」というものを提示されてもらっていない状況でしたら、保険の提供元や任意保険の代理店にその旨を伝えたほうがいいと思います。他のクルマを買ってその後以前持っていた車を買い取りに出すのならば、任意保険は一方のみのとなります。更新ということになるので、乗る必要がある所有車の場合は買取の際までこのことを頭に入れておかなければなりません。さらに任意保険は車種などで額が変わりますから、クルマ買い取り時は任意保険を振り返る好機になるでしょう。